バンコクで子供が遊べる屋内施設はどこ?おすすめ遊び場、紹介します

      2018/05/16

休日に子供とどの様に過ごされていますか?

毎週同じパターンになって子供に文句言われることはありませんか?

うちの子供は小さいうちは毎回同じ場所でも飽きずに遊んでいたのですが、最近だんだん大きくなるにつれて、同じ遊び場では満足しなくなってきました。

バンコクには小さい子供用の遊び場はたくさんありますが、大きい子供用の遊び場はあまりないので探すのに苦労します。

小さい子供用の遊び場は日本人居住エリアにもあり通うのに便利です。

有名なのが、ファンアリウムプレイタイムモーリーファンタジー等です。

いずれも屋内の遊び場なのでエアコンが効いていて快適です。

大型のジャングルジムに滑り台、ローラースケート、電動バイク、クッキングエリア、お絵かきエリアと何でもあり、子供にとっては天国のような遊び場です。

飲食エリアもあるので、コーヒーを飲みながら待つことができます。

なかにはマッサージルームが設置されているところもあり、子供が遊び終わるまで大人も十分にくつろげます。

それぞれの遊び場で特徴があるので、全部行ってみるといいですよ。

 

Sponsored Link

 

その一方で衛生面には問題があり、遊び場に行ったら病気になったということをよく耳にします。

たぶん遊んだあと手を洗わずに、おやつを食べたりするのが原因でしょう。

消毒用アルコールが準備されているので、食べる前には消毒するように習慣づけるのがいいと思います。

またセキュリティー面でも以前問題があったのです。

親が知らないうちに子供が遊び場の外に勝手に出ていたのです。

最近ではかなり改善されてきたみたいで、そういうことは聞かなくなりました。

最終的には自己責任ということになるので、子供から目を離さないように心がけてください。

そういえばデパートで子供が目を離した隙に、急にいなくなることはありませんか?

経験のある人も多いのではないでしょうか。

小さい子供でも意外と歩くのが速ですよ!

本当に、ちょっと目を離した隙にいなくなってしまいます。

誘拐されたのではないかとドキッとしますよね!

 

Sponsored Link

 

昔タイで本当にあったことですが、小さい子供がデパートで誘拐されたことがあります。

子供の姿が見えなくなって親がすぐ探したのですが、神隠しにあったようにいなくなりました。

どうやらトイレに連れ込まれて頭を丸坊主にされ、服も着替えさせられた状態で連れ出されたようです。

日本でも最近は不可解な事件が多いですよね。

子供が通学中に誘拐されるのではないかと不安でしょうがないですよね。

私が小学生の時は30分くらいかけて徒歩通学していましたが、寄り道して遊びながら帰っていたのが普通でしたからね。

そのころと比べると本当に物騒になりましたね!

今では寄り道なんてありえないですよね!!

バンコクではどうやって通学しているかというと、親が車かバイクで子供の送り迎えをするか、学校のバスで通学するのが一般的です。

徒歩で通学しているのは見たことがありません。

バンコクの道は車やバイクの運転が乱暴なので、別の意味で危険ですがらね。

子供は宝です!

後悔しないように育ててきたいですね。

 

 - マッパオ流タイ生活