バンコクのバウンスでトランポリン!エムクオーティエで子供大興奮!

   

バンコクの遊び場でバウンス(BOUNCE)って聞いたことありますか?

バウンスとはトランポリンを使った施設で、現在、世界10カ国にあります。

バンコク2カ所あります。

エムクオーティエ(BTSプロンポン駅)

ザ ストリート(MRTタイ文化センター駅)

今回久しぶりに子供を連れて行ってみました。

場所は家から近いエムクオーティエ店です。

 

Sponsored Link

 

4種類の遊び方

バウンスには4種類のトランポリン施設が準備されています。

最初に見えてくるのが、普通にトランポリンを楽しむエリアです。

ここでの注意事項ですが、

1つのトランポリンでプレーできるのは1人だけ!

2人以上でプレーしていると、すぐに係員が飛んできますよ。

普通にトランポリンを楽しむだけなのですが、これが結構ハードです。

私などは、10分飛んだけで息が切れてしまいました。

 

バンコク バウンス 遊び場 トランポリン エムクオーティエ ザ・ストリート ロッククライミング

普通のトランポリン

 

トランポリンで高くジャンプして、空中で回転するエリアです。

初心者は、まずは前回り一回転ですね。

バンコク バウンス 遊び場 トランポリン エムクオーティエ ザ・ストリート ロッククライミング

アクロバット空中技

 

バスケットボールもできます。

時々、スラムダンクをしている若者を見かけますよ。

バンコク バウンス 遊び場 トランポリン エムクオーティエ ザ・ストリート ロッククライミング

スラムダンク

 

ドッチボールで子供たちは大騒ぎです!

バンコク バウンス 遊び場 トランポリン エムクオーティエ ザ・ストリート ロッククライミング

ドッチボール

 

Sponsored Link

 

バウンスのプレー料金は!

 

バンコク バウンス 場所 料金 遊び場 トランポリン エムクオーティエ ザ・ストリート ロッククライミング

エムクオーティエ

 

エムクオーティエの料金表です。

1時間、大人490バーツ、子供390バーツです。

※ JSBカード20%ディスカウント(カード1枚につき1人のみ有効

※ Mカード15%ディスカウント

Mカードは現物が必要です!モバイルナンバーを言うだけではダメなので忘れないように!

 

バンコク バウンス 場所 料金 遊び場 トランポリン エムクオーティエ ザ・ストリート ロッククライミング

ザ・ストリート

 

ザ・ストリートの料金表にはエムクオーティエの料金表にない青と黄色のコラムがあります。

ザ・ストリートにはトランポリン施設だけでなく、クライミング施設もあるんですよ。

たまにはザ・ストリート店を訪れてみると、違った経験ができますよ。

 

【その他注意事項】

靴下:専用の靴下が必要で85バーツで売ってあります。専用の靴下以外は不可なのでご注意を!忘れると、また購入することになりますよ。

ロッカー40バーツです。開閉はモニター画面をタッチして、自分で操作する必要があります。初めてだと少し戸惑うかもしれませんよ!

 

Sponsored Link

 

子供は元気!大人はグッタリ...

子供の体力には驚かされますね。

1時間でも、2時間でも飛び続けています!

というか、私の体力のなさが悲しい...

20分くらい飛んだところで、脚が痙攣してきたのでギブアップですよ!

体がとても重くなり、無重力空間から帰ってきた感じですね。

 

今回は頑張ってプレーしましたが、以前は子供が遊んでいるのを見ていることがほとんどでした。

プレーしなくても入場できるので、

トランポリンなんて絶対無理!

という人でも大丈夫ですよ。

 

バンコク バウンス 遊び場 トランポリン エムクオーティエ ザ・ストリート ロッククライミング

カフェで一息

 

こんな感じでカフェでドリンクを飲みながら、子供が遊ぶのを見ている大人がほとんどです。

入場料が結構するので、大人は無理してプレーする必要もないでしょう。

たまには健康のためにプレーするのもいいかもしれませんが...

翌日は筋肉痛になる覚悟は必要ですね。

 

 - 未分類