タイでラーメン、焼き肉、寿司、焼鳥を食べることは可能か!日本よりおいしい?

      2018/05/16

「せっかくタイに来たらのだから、毎日タイ料理を食べよう!」という人がなかにはいらっしゃいますが、そういう人に限って早ければ翌日には日本食が食べたくなったりするものです。

本当にタイ料理が好きで好きでたまらないという人でないと、毎日タイ料理は無理ですね。

バンコクでは10年前すでに、かなりの数の日本食レストランがありました。

週末になるとフリーペーパーを見ては、行ったことのない店を探して食べ歩いたものです。

ラーメン、焼き肉、寿司屋、居酒屋となんでもありました。

さすがに20年前は日本食レストランはあまりなかったと聞きます。

その当時は、日本食の値段が高いためタイ人の足が伸びず、出店してもすぐ閉店してしまうという感じだったそうです。

日本人客もまだそれほど多くなかったということなんでしょうか?

最近では日本食レストランの数は、10年前の数倍になっているのではないでしょうか。

タイ人が裕福になり、日本食を普通に食べられるようになったということですね。

日本各地の有名なレストランがバンコクにドンドン出店してきて、その度に長蛇の列ができたものです。

タイ人も日本人以上に新しいもの好きで、どんなに長蛇の列ができていても気にせず並んでいます。

 

Sponsored Link

 

日本食で特に多いのが、ラーメン屋です。

みなさんがビックリするくらい多いですよ!

数年前には、ラーメン村が何か所もでき、ラーメン人気が爆発したことがありました。

あまりにも過剰にラーメン屋が出店したため、店を閉めたところもかなりあります。

それでもバンコクに来れば日本各地の有名どころのラーメンが食べることができます。

焼肉屋も多いです。

こちらも日本の有名店がかなりあり、なかには最高級和牛A5ランクを扱っている店もあるくらいです。

一度は行ってみたいですね!

日本食ではないですが韓国式焼肉屋も多く、そちらもかなり流行っています。

キムチやナムル等の前菜、サンチュもお替りし放題でとてもリーズナブルです。

リーズナブルということであれば、もちろんタイ式焼肉がダントツ安いですが...

寿司屋もかなり目にします。

日本人が握っている寿司屋も多いのですが、最近では日本のすし屋で修業を積んだタイ人が握っている寿司屋の方が多いのではないでしょうか。

タイ人の富裕層もよく食べに来るようで、平気で一食一人10万円くらいは使うようです。寿司5万円、日本酒5万円といった感じですね。

 

Sponsored Link

 

最後にサラリーマンの憩いの場である居酒屋ですが、こちらも選ぶのに困るくらいあります。

品数も多く、店のグレードもピンキリです。

生ビールは一杯300円くらが相場です。

早めに入ればハッピーアワー一杯タダになったりするところもあります。

高級地鶏専門店などもあり、かなり早めに予約しないと席が取れない店もあります。

このようにバンコクにいれば日本食には不自由しません!

味も日本で食べるのと大差ないと思います。

前に他の国に住んでいたことがありましたが、一時帰国した時などは日本食を食べるのが一番の楽しみでしたが、バンコクに来てからは、そういう気持ちになることはなくなりましたね。

バンコクで日本食を堪能してみるのもいいかもしれませんよ。

 - マッパオ流タイ生活