タイで外出時トイレに行きたくなったら、どこのトイレを使うのが便利なのか?

      2018/05/21

外出中にトイレに困ることはありませんか?

日本ではどこへ行ってもトイレがあるので、そんなに心配することはないでしょう。

たまに不潔なトイレもありますが、大抵は清掃が行き届いていて気持ちよく使えますよね。

海外へ出ると、日本のような清潔なトイレを探すのは、なかなか難しいのではないでしょうか。

清掃の行き届いていないトイレの方が普通かもしれません。

タイの中でもバンコクでは、比較的容易に清潔なトイレを探すことができるます。

外出時に利用できるトイレとしておすすめなのが、ホテルのロビーデパートのトイレです。

世界的な観光地であるため、ホテルもデパートもたくさんあります。

デパートのトイレは日本人には馴染みがあると思いますが、ホテルのロビーだと躊躇される方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

Sponsored Link

 

日本でもそうなのですが、ホテルのロビーは誰でも入ることができます。

人と待ち合わせしたりするときも便利です。

ホテルの従業員に聞けば笑顔でトイレの場所を教えてくれるので、遠慮せずに聞いてみてください。

デパートやホテルのトイレは、どこも清掃員がいて常に清潔にされているので安心ですよ。

いつも少し不便に感じるのが、バンコクでは電車の駅にトイレがないということです。

一部まれにありますが、ほとんどの駅でないといっていいでしょう。

理由はあるのでしょうが、あった方が助かると思われている方は多いのではないでしょうか。

特にラッシュ時では、電車待ちに結構時間がかかったりするものです。

バンコク都心のトイレ事情はだいたいこんな感じです。

場所が変わりバンコク郊外だとトイレはどうなるのでしょうか?

郊外だとホテルやデパートも少ないので、どうしても間に合わないときはローカルのお店でお願いするしかありません。

お願いすれば気持ちよく貸してくれますが、昔ながらのトイレでは使い方が分からないこともあります。

 

Sponsored Link

 

ちなみにタイのトイレも、ローカルのお店だとタイ式トイレで、和式のトイレと似たようなタイプのものが多いです。

どちらもしゃがんで用をたすという点では同じなのですが、いくらか違う点があります。

まず、しゃがむ向きが違います

和式だと扉にお尻を向けてしゃがみますが、タイ式だと扉に顔を向けた状態でしゃがみます

扉に顔を向けてしゃがむことを想像すると、何だか恥ずかしい気持ちになりませんか?

私がタイに来て間もない時ですが、扉が急に開いて外にいる人と目が合ったらどうしようと想像したものです。

それと水の流し方が違います。

日本では今では水洗が普通でレバーを引いたりセンサーで感知したりして水を流します。

もちろんタイでもそういうタイプの方が多いのですが、ローカルの店では水洗といっても、桶で水を流すところもまだまだあります。

水を張った水瓶があり、その中にが浮いているので、自分で水を汲んで便器の中に流し込むのです。なかなかのカルチャーショックではないですか?

さらに衝撃的なのは、お尻もその水で洗い流すのです。

さすがにこの技術はかなり熟練していないと無理なので、ティッシュペーパーは常に持ち歩くことをお勧めします。

コンビニでも普通に売ってあるので、簡単に入手できますよ。

 

Sponsored Link

 

このように、タイでは都会と田舎でトイレの使い方が大きく違います。

逆に田舎の人が、バンコクのような都会に来ると使い方がわからなくて困ることがたくさんあります。

先ずは洋式トイレで便座に座って用を足すということを知らないので、便座の上にしゃがんで用を足しているようです。

時々、便座が擦り傷だらけになっているトイレがありますが、それが原因です。

また、用を足したあと水を流そうとしても桶も何もないので、しょうがなく流さずに出るということもよくあります。

最近ではこのようなこともずいぶん減ってきた感じですが、時々目にしますね。

日本も昔はそういうことがあったのでしょうか?

最後に、車に乗る前は出来るだけトイレにいくことをお勧めします。

渋滞に巻き込まれたり、なかなかトイレが見つからないこともよくありますよ。

タイの渋滞は半端じゃないですよ!

 

 - マッパオ流タイ生活