バンコクのコンビニ、弁当や飲み物でお勧めは?薬も購入できる!

      2018/06/07

タイでコンビニを利用されていますか?

私は毎日のようにお世話になっています。

日本のコンビニほどではありませんが、大抵のものは手に入り便利ですよ。

弁当飲み物お菓子日用品など、何でもありますし、

最近では、野菜果物まで置いてある店まで目にします。

そのうちスーパーマーケットも要らなくなりそうですね。

こんなタイのコンビニについて、弁当や飲み物を中心にまとめてみました。

 

Sponsored Link

 

弁当の種類が多い!

弁当は日本ほどではありませんが、充実していると思います。

常時10種類以上の弁当が置いてあります。

お勧めは、何と言ってもタイ料理系の弁当ですね。

程よい辛さで、日本人でも問題なく食べることができます。

最近では、カツ丼カツカレーも見かけるようになりました。

日本食がドンドン浸透してきている証拠ですね。

弁当以外にも、ハンバーガー、サンドイッチ、エンチラーダ、おにぎりまであるんですよ。

品質管理もしっかりできており、賞味期限が古い順に手前から並べてあります。

食中毒が出たような話も、聞いたことがありませんね。

 

甘い飲み物に注意!

弁当にあった飲み物といえば、水かお茶をお勧めしますが...

タイお茶砂糖入りがほとんどです。

甘いお茶では、弁当に合いませんよね!

というか、お茶が甘いなんて許せない人も多いのではないでしょうか。

最近では、タイでも健康ブームが広がっているせいか、無糖のお茶が増えてきました。

無糖かどうか記載されているので、よく見て買ってくださいね。

 

Sponsored Link

 

コーヒー・トーストコーナーに感謝!

最近ではコーヒーコーナーを併設している店をよく見かけます。

コーヒーの選択肢も沢山ありますよ。

ブラック、ラテ、カプチーノ、エスプレッソ、グリーンティーを

ホット・アイスはもちろん、フラッペでも注文できます。

特に嬉しいのは、無糖でコーヒーが飲めるようになったことですね。

以前は砂糖たっぷりの缶コーヒーしかなかったので、ほとんど買うことなありませんでした。

トーストコーナーが併設されている店も増えています。

焼き立てのトーストワッフルを注文することができ、

トッピングも自由に選べます。

待ち時間は少々かかりますが、アツアツのトーストがうれしいですよね。

是非コーヒーとトーストを、一緒に注文してみてください。

私はしばらくハマったことがあります。

 

Sponsored Link

 

セブンイレブンがダントツ多い!

ところで、タイにあるコンビニには何があるのでしょうか?

タイで見かけるコンビニは、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどです。

日本でもお馴染みのコンビニですよね。

コンビニはタイ全土にありますが、特にバンコクでは日本以上に目にしますよ。

そのなかでも圧倒的に多いのが、セブンイレブンではないでしょうか。

タイではセブンと呼ばれており、強調する感じで発音します。

日本語で「セブンイレブン」と言ったのでは、絶対通じませんよ。

セブンイレブンは本当にたくさんあり、同じ通りのすぐ近くに2軒あることも普通ですよ。

店構えは日本と同じで、見ればすぐ分かります。

上からオレンジ、緑、赤の3本線ですね。

 

Sponsored Link

 

ローソン、ファミリーマートも増えてきた!

最近ではローソンファミリーマートも、増えてきたのではないでしょうか。

いずれもソイ(通り)の入口や、駅の近くでよく見かけるようになりました。

店構えはセブンイレブン同様に、日本で見かけるのと同じです。

水色黄緑色の看板なので、すぐ目につきますよね。

売ってあるものはセブンイレブンと大体同じですが、それぞれオリジナル商品がありますよ。

たまには使ってみてはどうですか?

飲食コーナーを併設している店もあるので、ちょっと腹ごしらえしたい時など便利です。

 

どうですか...? 少しは参考になったでしょうか...?

新しい情報入手出来たらアップデートしますので、ご覧になってくださいね。

 

 - マッパオ流タイ生活