薮田和樹と九里亜蓮の浮気は本当?金髪美女の正体は明かされる?

   

広島カープ九里亜蓮投手(25)と薮田和樹投手(24)の浮気の目撃情報が浮上しましたね。

その日カープはヤクルトとの対戦で圧勝し、二人は六本木のとあるバーで飲んでいたとのことです。

美女4人と飲んでいたということですが、飲み方も尋常ではなかったようです。

個室でカラオケもあったということなので、さぞかし盛り上がったのでしょうね。

つい最近、巨人山口俊投手(30)が泥酔で暴力を起こした疑いがある報道がありましたね。

山口投手の場合は暴力事件の疑いがかかているので、かなり深刻な状況になっているとのことですが...。

今回は、こんな久利投手と薮田投手について少し調べてみました。

Sponsored Link

久里亜蓮投手と薮田和樹選手の成績は?

久里投手は大学時代とても活躍しており、東都大学リーグで通算19勝5敗、防御率1.60と素晴らしい記録を残しています。

2014年に入団し、開幕から先発ローテーションの一角として起用されます。

昨年2016年は2勝2敗、防御率4.50、今年2017年は5勝5敗、防御率3.86ということで、目覚ましい記録を残しているわけではないですが、この年のリーグ優勝に間違いなく貢献しています。

今やチームを支えるのになくてはならない陰の存在となっています。

一方、薮田選手故障が多い選手で高校、大学とも右腕の骨折や肩を痛めたりということで目立った成績を残すことができませんでした。

しかし、2015年のプロ入り後はメキメキと頭角を現し、初先発の巨人戦で初勝利を挙げています。

ストレートも最高156kmということで、かなりの剛腕投手ですね。

2016年は主に中継ぎで登板しているものの先発も3度まかされており、3勝1敗防御率2.61という素晴らしい成績を残すとともに、広島カープのリーグ優勝に貢献しました。

今期も今のところ8勝1敗防御率2.25と昨年を上回る、驚異の成績を叩き出しています。

未来のエースとして、今一番の期待の星ではないでしょうか。

久里選手、薮田選手とも今後の広島カープを支えていく期待の若手ということですね。

久里亜蓮 薮田和樹 浮気 結婚 成績

 

久里亜蓮投手と薮田和樹選手の結婚生活は?

久里投手は父親がアメリカ人、母親が日本人のハーフです。

体格もよくイケメンなので昔からさぞかし女性に人気があったのでしょう。

奥様とは中学生時代に知り合ったようですが、2016年結婚されたばかりです。

新婚ほやほやとは言わないまでも、遠征などで帰宅できないときは毎日電話されているのではないでしょうか。

今回の報道が上がるまでは浮ついた噂も一切なかったので、幸せな結婚生活を送られているはずです。

薮田投手も今年2017年に結婚したばかりの新婚で、奥様モデルということもありスタイルがよく美人です。

さらに奥様は薮田投手の食事面に気を使って料理も色々と工夫されているとのことで、羨ましい限りですよね。

もちろん結婚生活は順調で、それゆえ成績も順調に伸びているということではないでしょうか。

Sponsored Link

今回の報道は本当なの?金髪美女の正体は明かされる?

今回の二人の浮気報道ですが一般人からの情報ということで、その信ぴょう性については定かではありませんよね。

ただし、体格のいい野球選手が二人で行動しているとかなり目立つのは明らかです。

もちろんバーで若い女性から声を掛けられることもあるでしょう。

特に昨年リーグ優勝したチームの選手なので、広島から遠く離れた場所でも顔くらいは覚えらていると思った方がいいです。

とにかくプロ野球選手は実際なにもなくても浮気不倫だと騒がれやすいので、十分注意して行動する必要があります。

しかしそうは言っても、試合が終わり緊張感がいっきに取り払われたなかで、どれだけ自分自身を完全にコントロールするのは、なかなか難しい気がしませんか。

特にお酒が入ると...。お酒は怖いですよね!

古舘一郎がある報道番組で「プロ野球選手はユニフォームを着て飲みに行くべきだ。そうすれば羽目を外すことはない。」と言っていました。

確かにそうすれば羽目は外さないでしょうが、飲みに行くまでにファンが集ってきるでしょうし、飲み屋でも落ち着いて飲むことができませんよね。

有名になることと自由を奪われることは、二者択一を迫られる永遠の問題なのでしょうね。

とにかく2年連続優勝に向けて今期トップでリーグを引っ張っている広島カープとしては、もし本当だとしても全力で二人を守ると思います。

二人とも今回のことを戒めとして、今期の成績が落ちたり、夫婦関係が悪くなったりしないように、暫くは大人しくして野球に精進してください。

金髪美女が誰だったのかは興味が沸くところですが...。

 - 未分類